White Forest
鉢伏/神鍋 奥越/南越 白山/立山 白馬 妙高高原 上越バレー
アクセス時刻表
ハチ・ハチ北
万場・奥神鍋
万場・奥神鍋
ボーダー天国のハイレベルゲレンデ
          万場HP 奥神鍋HP
  万場・奥神鍋MAP
神鍋高原一のロングコースを持つ奥神鍋と、1枚バーンが快適な万場が頂上付近でつながってるので、用途に応じて使い分けられる。
アクセスは奥神鍋のベース山田のバス停で降りて、日帰りならバス停前のビジターハウスで着替えを済ましてゲレンデへ向かうのが便利だ。ゲレンデへ向かう途中の街並は日本情緒が色濃く残っていてゲレンデへ向かう道でしばし和の空気を感じる事ができる。
まずは、奥神鍋でウォーミングアップ、そのあと万場でガンガン滑りまくるのもいい。ウォーミングアップと言っても奥神鍋は上級者向けコースが多いので、むしろ本気で滑るのにこちらに張り付く手もある。
奥神鍋がコースの途中でスケーティングが必要な部分があるけど(もっとも上から下までノンストップで滑る場合だけど)、万場はノンストップで楽しめるので、高速クルージング向き。
神鍋は元祖スノーボードゲレンデ。そのためここは入れベルスノーボーダーが多い。間違っても上越バレーのスキー場のようにダサイことやってるボーダーはいない。
 
センター
ホール
ゲレンデ

最大斜度26度平均斜度23度
一枚バーンの一番下。下のゲレンデは初級者向きの常識を覆す中上級者向きのゲレンデ。
ユートピア
ゲレンデ

最大斜度20度
平均斜度17度
センターホールよりゆったりしていて、初級者もなんとか滑れるのでにぎわっている。センターホールの迂回路を繋いで滑り込むスキーヤー・ボーダー多し。
トライ
アングル
Aコース

最大斜度30度
平均斜度26度
リフトに平行に滑るコース。コブが残っているのでモーグル好きが集まる。
トライ
アングル
Bコース

最大斜度30度
平均斜度20度
出だしが急な他は中級者に最適でここから下まで一気に滑るのは爽快。
四季の森
コース

最大斜度28度
平均斜度18度
林の間を縫うように続くコース。ここだけを単独で滑り込むのもいい。
栃ノ木コース
最大斜度27度
平均斜度16度
ロングランコースの起点。単独で滑り込むにも手応え十分。
ロマンス
コース

最大斜度20度
平均斜度14度
出だしがやや急な他は初級者向けのなだらかなコース。見晴らしもいい。
スーパー
ゲレンデ

最大斜度30度
平均斜度20度
一番下に位置するものの中上級者向けの急な斜面。