White Forest
鉢伏/神鍋 奥越/南越 白山/立山 白馬 妙高高原 上越バレー
アクセス時刻表
ハチ・ハチ北
万場・奥神鍋
ハチ・ハチ北 元祖西日本のビッグゲレンデ    ハチ・ハチ北HP
関西近辺では最大級のゲレンデ。
ハチ高原のメインゲレンデはワイドなスケールでスノーボーダーの練習に最適。
初心者の練習用としても最適。どちらかと言うと家族向けな感じがする。
また、ゲレンデアクセスにもハチ高原側からの方が便利。
  ハチ北は縦長のレイアウトでロングコースを楽しむに最適。
中上級者向けのコースが多いので、手応え十分。
フードの類いも充実しているので、ハチ高原側から入って来て滑り込んで、昼食もここでとるのがいい。
どちらかと言うと滑り派向きなので、滑り派ばかりのグループならハチ高原側から入って、帰りにハチ高原側に戻るという手もある。
ハチ・ハチ北MAP
北壁
最大斜度32度
平均斜度25度
ハチ北一の難所。特にコブがすごく、そのため実際は38度あると言われる。
北壁スカイロード
最大斜度20度
平均斜度13度
景色を楽しみながらの快適クルージングの爽快コース。
高丸ゲレンデ
最大斜度32度
平均斜度11度
初心者から上級者まで楽しめる短いコース。ロングコースの一部として滑る場合が多い。
ハチ中央ゲレンデ
最大斜度24度
平均斜度9度
広々して初心者から上級者まで楽しめる。
一番右の中央クリスタルコースは上級者向け。初心者はリフト左側へ回り込んで滑るといい。
ダウンヒルコース
最大斜度24度
平均斜度13度
ロングコースを楽しめる林間コース。障害物がないので、コース幅より広く感じられる。
アルペンコース
最大斜度26度
平均斜度13度
中上級者なら何度でも楽しめるコース。緩く蛇行しながら豪快な滑りが楽しめる。続く林間コースと繋いで頂上からは3kmのコースになる。
チャレンジコース
最大斜度20度
平均斜度13度
今は中級者以上が楽しめるコースだが、かつては北壁と並ぶ難コース。ねじれたコースがそれを物語っている。
野間ゲレンデ
最大斜度15度
平均斜度11度
ハチ北で唯一初心者が安心して滑れるゲレンデ。中央クリスタルコースを迂回しながら滑ると距離が取れる。